ホーム アストロロジー   ヒーリング   スピリチュアル・カウンセリング カタログ

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English


 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 

ヒーリング・メディテーション

 

Body Heals Itself.

 

からだは自分の力で治る。

からだの自然治癒力に沿う 信じる。

 

エゴが過度の介入は

からだの自然のヒーリング・プロセスを妨げる。

 

信じること 辛抱 

 ニュートラルに経過を観察する(勇気)。

 

 

2012年8月7日

 

後藤王重 ごとうきみえ

コンシャス・チャネル スピリチュアル・カウンセラー ヒーラー

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

耳鳴りは辛いですね。 

 

耳鳴りが消えるように、自分なりにやって効き目があることを、シェアさせて頂きます。

 

鍼、霊気、ビタミン B 群、ストレッチ、漢方と併用して、自己催眠瞑想などをしています。 自己催眠瞑想は効果があると想いますので、ご紹介いたします。

 

ヒーリング自己催眠瞑想

 

ステップ 1 

 

Progressive Muscle Relaxation

 

眠ってしまわなければ、横になります。

 

深呼吸を3回。 深くおなかのなかに、新鮮な酸素がいきわたります。 口から深く吐きます。 気持ちがおちつきます。

 

頭のてっぺんから、じょじょにからだの1箇所ずつリラックスしていきます。 頭からはじまり、耳、顎、歯、口、首、肩、腕、手、胸、おなか、腰、骨盤、足、ひざ、つま先まで、ひとつずつ意識を、からだの部分にもっていき、脱力していきます。

 

全身リラックスします。

 

意識は自己催眠状態にあります。 深くリラックスし、脳波はアルファ、シータとなっています。 変性意識状態となっています。

 

 

ステップ 2 

 

自己催眠 セルフ・ヒプノシス

 

たとえば耳鳴り、不眠、肩こり、頭痛の場合ですが、自分に繰り返し唱えます。 自分なりのフレーズで、ポジティブに唱えます。 

 

以下は自分が唱えている例です。

 

エリーラマーサバクタニ(アラム語のじゅもんのようなもの? なぜか気持ちが落ち着きます)。

 

愛 ひかり 感謝 (いつも愛 ひかり 感謝であるように すべて 愛 ひかり 感謝であることを思い出すように)

 

頭は静寂 感謝。 静か。 耳鳴りは消える。 耳鳴りはバックグラウンドに退いていく。 耳鳴りが聞こえても気にしない。 気にならない。

 

Pain Free 痛みは消える。 肩の痛み、頭の痛み、腰の痛み・・ 痛みは消える。 

 

(からだは地面にすいつくように、どっしりと重く感じます。 まぶたも重くあきません。 地面にすいこまれるような感覚。深くリラックスしている感覚を味わってもいます。)

 

安眠 安心して眠る。 眠ることを恐れない。 眠る時に緊張しない。 リラックスして眠りにはいる。 不眠で死なない。 今日の眠りをたいせつにする。 今日眠れるだけ眠る。 疲れれば明日眠れる。 疲れるとからだは眠る。 よくできている。 からだを信じる。

 

安心 サイレンス リラックス

 

心配や不安な気持ちが起こっても、自己催眠の言葉を唱え続けます。

 

安心 サイレンス リラックス ペイン・フリー ・・

 

すべてだいじょうぶ ゆだねる。

 

Everything is all right. 

だいじょうぶ。

治る。 よくなる。

 

あたまは静寂 耳鳴りは消える。 安心して

 

自己催眠の言葉を続けます。 こころやからだの調子に意識を向けています。 緊張や心配、不安な気持ちが戻ってくる時、安心の言葉、サイレンス Peace of Mind が戻ってくる言葉を唱え続けます。

 

すべてだいじょうぶ。

治る。 よくなる。

耳鳴りは消える。 痛みは消える。

静寂 静か。

 

耳鳴りは遠のいていきます。 痛みが遠のいていきます。 あたまのなかが、静寂、平和、ピース・アンド・ハーモニー となっていきます。 エンジョイします。 感謝します。

 

あたまのなかにピースをもたらしてくださった宇宙、おおいなる存在たちに感謝します。

 

あたまは無です。 からっぽになります。

 

あたまがからっぽの状態を維持します。

 

集中が続く限り、瞑想状態を続けます。 できれば30分から1時間半くらい。 

 

自己催眠状態が終わると、自然に目があくことも多いです。 だいたい1時間半ほどたっている時は、瞑想状態が続くように、気力、体力戻ってきたな、というのがわたしの感覚です。

 

気持ちが弱っている時は、1時間以内で目があいてしまいます。

 

耳鳴り、不眠、頭痛、肩こり、腰痛、不安、神経質、落ち込み・・

 

深いリラックス感、安心感で治る部分も大きいようです。

 

耳鳴り、痛みのない、無の世界、静寂 Peace of Mind の世界にひたる時間を毎日持ちたいと想います。

 

耳鳴りの場合

 

内耳や鼻に水がたまっているような感じがする時

 

内耳の水を Drain 抜くのも効果があります。

 

小指を口の奥深く、舌の付根から頬のあたりにあてて、やさしく、上から下へマッサージします。 水が抜けていくのがわかる場所です。

 

これは口の中の顎のつぼを刺激することにもなるようで、顎のリラックスにも効果があると想います。

 

顎関節症、むちうち、頭への打撲などで、耳鳴りが起こることがあります。 内耳、鼻の水を抜いて頭のなかの圧 プレッシャーを、Even 均等にすること、口のなかの顎のつぼを刺激して、顎をリラックスすること。 耳鳴りの解消に効果があると思われます。

 

筋肉のこり、緊張、硬直を緩和するために、肩、首、あご、全身のストレッチ、つぼ押し、霊気手当ても効果があります。

 

鍼、カイロプラクティック、マッサージ、漢方薬、ビタミン B群 もわたしには、きいていると想います。

 

日本の耳鳴りの薬 たとえば 小林製薬のナリピタンは、ビタミンB3(ナイアシナマイド)、抗けいれん剤、ほかのビタミンB群の複合のようです。

 

ナリピタンはよく効くお薬ですね。 母に送ってもらいました。 いま飲んでいます。

 

ビタミンBは血行をよくし、末梢神経の修復に効果があるようです。 

 

アメリカでナリピタンは買えませんが、ビタミンB群のサプリメントと、抗けいれん、不眠、精神安定に効果があるといわれる柴胡加龍骨牡蠣湯などを飲んでいます。 

 

日本はよい漢方薬が処方箋で買えるのでよいですね。 また漢方の専門家のひともたくさんいて、漢方薬のアドバイスをいただけてよいですね。 

 

ビタミン B3  ナイアシン ニコチン酸アミド ナイアシナマイド 

 

わたしの場合、ビタミン B3 ナイアシン を大量にとると、からだがほてり、大量の汗をかきます。 血行がよくなるせいか、鼻炎や耳鳴りはよくなっています。 ですが、ほてりと大量の汗も困るので、ビタミン B3 を大量にとるのはやめています。

 

 

からだは応える。

 

こころやからだの不調を感じる時、調べていろいろ自分でやってみるのはたいせつと感じます。 自分でやってくれていることが嬉しいのか? からだは応えてくれます。 よくなります。

 

よくなることを信じる。

 

よくなることを信じて、毎日いろいろ工夫してやっていく。

 

インスピレーション、アイデアも、宇宙から頂けます。

 

耳鳴りはだいぶ苦しいと想います。

 

よろしければ自己催眠瞑想をおやりになってみてください。 1回目の瞑想でよくなっていくこともあります。 

 

回りにたくさんの宇宙存在のみなさまも、いてくださいます。

 

からだやこころの不調で苦しい時、果敢にチャレンジをしたいですね。

 

よくなることを信じてやっていると、よくなっていくと想います。

 

ナマステ ピース 愛 ひかり 感謝

 

追記 耳鳴りに関して

 

ホメオパシー

 

Ring Relief というホメオパシーの点耳薬があります。 

 

Clear Tinnitus  ホメオパシーの飲み薬です。 耳鳴りの音が小さくなりました。

 

 

霊気 手当て ポジション

 

手を洗うか、ハンド・サニタイザーなどで手を消毒する。 

 

人差し指か中指を耳の中に入れる。 残りの指で顎から耳の回り、耳の上に手をあてる。

 

顎、耳鳴りのつぼに手を当てることになる。 耳の中に指を入れると、内耳の水が流れるのがわかる。 傷ついた末梢神経の修復は可能ということである。

 

指を耳の中にいれると強すぎる場合は、耳を包み込むようにする。 耳のまわり、耳の後ろ、耳の下と顎の間にかけて、耳鳴り、顎、不眠などつぼが集まっている。 

 

頭の後ろ、側頭部、頭のてっぺん、額、目、ほお、首の後ろ、首と頭蓋骨の境目(頭蓋骨底辺)耳の上、耳の周り・・頭全体に手をあてる。

 

めまい、耳鳴りは、Epley Maneuver もよいと思います。

 

拡大

 

Epley Maneuver はカイロプラクティックなど、専門家のひとに直接教えてもらってください。 Youtube に動画もありますが・・。 

 

Epley Maneuver は頭の中のミネラル、Parcicle 分子を、均等にするようです。 内耳の中の粒子、ミネラルも、均等にするようです。 頭のなかがおちつきます。

 

不眠、めまい、頭痛、耳鳴りはつながっていることがあるので、ひとつ治っていくと、全体的によくなっていくと思います。

 

 

聴覚過敏を治していく。

 

耳鳴りとうつは関係あるとされます。 音に対して神経質なひとは、聴覚過敏になりやすく、耳鳴りの原因は聴覚過敏かもしれませんから、聴覚過敏を治していくアプローチはいいと思われます。

 

自己催眠、催眠療法で音を気にしないトレーニングをする。

 

柴胡加龍骨牡蠣湯(抗うつ、抗けいれん効果があるとされます)などの漢方薬で、聴覚の興奮を鎮める。

 

音をあまり気にしないよう、音に神経質になりすぎぬよう、自分をトレーニングしていくのは、たいせつですね。

 

抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不安薬を飲むアプローチもありますが、こうした薬は副作用もあるので、できるだけ薬を使わずに、過敏になった聴覚を沈静していきたいです。

 

 

桂枝茯苓丸

 

耳鳴りの原因が頭の打撲(むちうちなど)の可能性がある場合、桂枝茯苓丸がきくかもしれません。 血行を良くし、からだの痛み、緊張をとります。 ほてりを鎮める効果もあります。

 

 

Tinnitus Retraining Therapy

(Habituation of Tinnitus)

 

耳鳴りに慣れるトレーニング

 

Coping with Ear Ringing - coping with stress and anxiety.

 

ストレス 不安と上手につきあっていくトレーニング

 

音をマスクする装置や(セルフ)カウンセリングを通して、耳鳴りを気にしなくする、気にならなくなる療法。 

 

耳鳴りに聞き耳をたてない。 耳鳴りを聞かなければ、耳鳴りは聞こえない。 そのうち耳鳴りを聞けば耳鳴りは聞こえるが、気にならなくなる。

 

これはホワイト・ノイズ装置と、自己催眠の併用で、自分でできそうな療法ですね。

 

耳鳴りに慣れてしまえば、耳鳴りも聞こえなくなる、気にならなくなる、そういうことですね。

 

細かいことを気にする神経質、不安、心配症の性格を直していくのが、早道なようです。

 

 

更年期 生まれ変わり 性格を変えるチャンス

 

こう調べていくと、更年期のさまざまな自律神経失調症状は、自分の弱いところにあらわれる可能性が高いです。

 

であれば、更年期にあらわれる症状は、性格改善、性癖改善のチャンス、生まれ変わるチャンスとして、とらえることもできます。

 

 

Valerian Root バレリアン

 

鎮静 抗不安 安眠

 

長く続けると肝臓に負担がかかるかもしれませんので、注意が必要なようです。

 

 

Tulsi タルシーのお茶

 

鎮静 抗ストレス 抗酸化 免疫システムをよくする。 

 

風邪をひきやすい、アレルギーの症状が出るなどは、免疫システムが弱っているサインなので、Tulsi タルシーのお茶は免疫システムを強化するのによいかもしれません。

 

 

Brahmi ブラーミ 粉末

 

抗不安、抗うつ

 

 

Fe 鉄分

 

貧血改善。 鉄をサプリメントでとると、それなりに副作用があるようです。 食べ物からとりたいですね。 皮付きのじゃがいも、ブロッコリ、精白していない穀類、玄米、卵、いわし、豆・・

 

 

鍼 はり

 

アルバカーキーの平山先生に鍼をうってもらっています。 楽になります。 

 

平山先生のホームページ

 

http://www.jacupuncture.com/

 

 

毎日のストレッチ

 

全身をほぐします。 首、顎、肩、手首、全身のこり、緊張、硬直を、毎日のストレッチでとっていきます。

 

 

エクササイズ

 

日光を浴びて歩くなどします。 脳のリラックス物質、セロトニンも活発となります。

 

 

腰割り

 

拡大 

 

クロワッサン2012年6月10日号に詳しいやり方が掲載されています。 たいへん参考になります。

 

下半身が柔らかくて強くなるのは、安定感、安心感につながりますね。 正しいやり方で、腰やひざなど痛めないようにしたいです。

 

スクワットもいいと思うのですが、いろいろうんちくがあって、理論がややこしいのは、わたしには向きません。 腰割りは、シンプルで、わたしでもできる。 インストラクション通りやると、ひざが痛くならない。

 

日本に行く時に、その時あるクロワッサンを買います。 腰割りのやり方がのっていて、ラッキーでした。 クロワッサンにはいつもお世話になっています。 

 

 

アミノ酸、セロトニン・フード

 

バナナ、大豆、魚・・ 良質のたんぱく質、セロトニン・フードを食べます。

 

 

自律神経訓練法 アファーメーション

 

自律神経訓練法を自分なりにアレンジして、アファーメーションをしています。 耳鳴りはだいぶよくなりました。

 

耳鳴りの原因は自律神経の失調にもあると思います。 自律神経失調の原因は、気をはりつめていることにもあると思います。 つまり不安です。

 

自分の根底にある不安を信頼におきかえていくと、からだの症状も消えていきます。

 

自律神経訓練法 アファーメーションは、不安と信頼に置き換える有効な方法と思います。 からだの症状を消す、小さくするにも、効果があります。

 

アファーメーションは、わたくしの変容・ヒーリング ワークのなかで、教えさせて頂いております。

 

興味のある方は、メールをください。

 

 

St. John's Wort

 

抗うつに効果あるとされるハーブです。

 

 

Black Cohosh

 

ほてりを鎮める効果があるとされるハーブです。

 

適量をこえると、よけいほてりますので、自分量を知るのがたいせつと思います。 すくなめで始めるのがよいと思います。

 

 

インド映画

 

気持ちがすかっとします。 笑いは最高の癒し。 老いも若きも、美しいひともそれほどではないひとも、いきなり踊って歌い出すので、唖然としますが、楽しい。 わけへだてない愛を感じるのがインド映画のよいところでは? いわゆるわき役の存在も、愛を込めて表現されている。 インドはやはり愛 アナンダ。 Om オーム 宇宙とひとつ。 シャンティ 幸せ。

 

 

Namaste Peace 

 

Om Shanti

 

後藤王重  ごとうきみえ

ソウル アカシックレコード 宇宙におまかせ リーディング

スピリチュアル・カウンセリング  ヒーリング

コンシャス・チャネル  瞑想トレーニング 

霊気トレーニング 手当て 遠隔ヒーリング アニマル・ヒーリング

西洋 ベーディック  マヤ 占星術

タロット・リーディング トレーニング

Ordained Minister  MBA  BS-Mathematics

 

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

Email:  harmonion@gmail.com

日本語 Web http://www.harmonion.com/japanese.html

英語 Web http://www.harmonion.com

 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 


 

ホーム アストロロジー   ヒーリング  カウンセリング & カタログ Sister

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English

  

 

Copyright © 2012 Kimie Goto 後藤王重All Rights Reserved.