ホーム おまかせ 講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English


 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 

除染 顕れる窓 オープニング

 

 

Removing Debris - An Window - Opening Appear.

 

 

2013年9月5日

 

後藤王重 ごとうきみえ

コンシャス・チャネル スピリチュアル・カウンセラー ヒーラー

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

 

 

馬とオーブ 2013年9月2日 午後8時半

 

家の土地の北西の角

 

北西の角には ホワイト・バッファロー・ウーマンのような

白い衣のようなものを着けた女性のスピリットが

立たれます。

 

馬たちがなにかを察してさっと動いた時

無数のオーブが映りました。

 

わたしの目には見えませんでしたが

馬たちはなにかを感じたようです。

 

北西のべーディック神は

バーユ Vayu です。

風神です。

 

馬たちは風がふいたかのように

なにかを察知して

さっと動きました。

 

バーユ 風神のような存在が

来られたのかもしれません。

 

 

 

ビジョン 2013年9月1日

 

除染をしている。

 

高いところにある ごみ (汚染物質)のようなものを 除去している。

 

下にある机に降ろしているが、机はいっぱいになっている。

 

ごみをどかしていると、窓が顕れる。

 

ごみが手に触れて なにか 穢い と感じている。

 

ごみは 汚れているらしい。

 

近くには男性存在がいる。

 

このスペースを管轄している存在なのか? 

優しい表情をしている。

 

お名前は?と聞くと

テレパシーのように ウリエル のような音が返ってくる。

 

ウリエル オーリエル

炎の天使 といわれる。

シバ 不動明王のような

宇宙エネルギーかもしれない。

 

炎 燃え

怒り 失望 悲しみ 不浄 燃え

叡智 慈愛 と成る。

 

 

Kamadhenu - कामधेनू - the wish-fulfilling Cow

 

わたし(たち)は、この男性存在のスーパーバイズのもとで、高いところにある ごみ を除去していると想われる。

 

帰り、たしか、23界(階)のような場所から戻ってきたように覚えている。 なかなか帰りのトランスポート(交通手段)が来なかった。 

 

このビジョンの解釈として、汚染は 高いところに(も)たくさんあるかもしれない。

 

たとえば23界のような高い場所(次元)。

 

高い場所のごみの除去をしている存在たちがいて、いまひとである何人かのひとたちも、この場所の除染にたずさわっているかもしれない。

 

ごみをどけていると、窓が顕れる。

窓はオープニング。

 

ごみに隠れて見えないが、ごみをどければ、窓が顕れる。

 

あたらしいオープニングが拓けるものと感じる。

 

この世界(地球)では、シリア、北朝鮮、異常気象など、課題がたくさんある。

 

地球レベルの除染は必要。

 

ただ地球レベルの除染だけでは充分ではないかもしれない。

 

汚染が高いところ(23界)にあるならば、高いところの除染も進めていく必要がある。

 

宇宙というところは多層でひろい。

 

すべての存在がきれいであるとは限らない。

 

地球のパワーを持つひとのたましいが、すべてきれいであるとは限らないのは、高いところ(23界)にある、存在たちがきれいであるとは限らないのと、つながっていると想う。

 

ひとそれぞれにチャネルの届く周波があり、そのひとの感じるチャネルで、地球の除染に貢献していくと想う。

 

周波が宇宙に届くひとは、宇宙の除染もしていくと思う。

 

ひとそれぞれに貢献がある。

天分と天命がある。

 

ごみをどけると、窓が顕れる。

この高いところに窓が顕れる。

 

ごみでふさがっていた窓がまた観えるようになり、オープンニング なにかがまた開けていく。

 

高いところでなにかが拓けば、地球にも拓く。

 

連動する。

 

宇宙の可能性の窓が開けているとき。

 

地球の可能性の窓も開く。

 

一緒にごみをどかしている存在たちにも、感謝。

チームワーク 協力 ですね。

 

まずは自分が住んでいる場所や、つながりの深い場所から、と想いますが、異常気象はどこでもたいへんです。 影響はすべてのひと、生命が感じています。

 

ニューメキシコの異常気象、日本の異常気象など、毎日瞑想をして、宇宙や地球やひかりのみなさまと対話を続けています。

 

馬のみなさんは たいせつなパートナーです。

 

10月に日本に行くときは、顕国魂 (うつしくにたま)や 高龗神 (たかおかみ)と対話をさせて頂きたいと想っています。 

 

弘前 岩木山神社、京都 鞍馬山の貴船神社などで、お話しさせて頂くことを願っています。

 

よろしければご一緒に瞑想ください。

 

瞑想、祈りをしていると、たしかなてごたえを感じます。 宇宙や地球やひかりのみなさまが 聞いてくださっているように感じます。 瞑想や祈りの内容が聞き届けられているように感じます。 そのような事象が起こるように感じます。

 

偶然では? 自意識過剰では? と言われてしまうことが多いので、最近は、あまり ひとには、言わなくなっています。

 

信じてもらえない、と想うときもあるでしょう。 そういう時は、静かにして、ただ瞑想や祈りを続けるのでしょう。

 

自分の信じる道は進む。

ひとに話せないとき、聴いてもらえないときは、静かに進む。 聴いてもらえるときは、話す。

 

静かと話すのバランスも、学んでいるようです。

 

静かなときはたいせつと想います。

 

てごたえを感じます。

 

外の世界でなにも起こらないとき、焦る気持ちが起こることがあります。 辛抱して、うちなる世界でのてごたえを感じることは、たいせつと想います。

 

エネルギーはサイクル(フラクタル)で動くので、動静 緩急自在の宇宙のエネルギーの流れのようなものに、自己も周波をあわせて(サイン コサイン ウエーブのような感じ)で動いています。

 

静のサイクルのときに、じたばたしない。 これも辛抱 Patience の練習ですね。

 

ナマステ ピース ラブ

 

 ひかり

 

 

 

 

スタリオン

 

スタリオンの目線とオーブたちが Align 整列している。 スタリオンはなにを観ている Gaze しているのか? なにが観えるのか?

 

 

 

 

Psalm 23

 

by David

 

I shall lack nothing.

 

The Universe the Great Light leads even through the valley of the death.

 

The path is well it.

 

I am well guided.

 

 

23の解釈

 

ビジョンの世界では、よく23界(階)、27界、28界あたりにいます。 エレベーターのような交通手段で、上下移動する感じです。

 

エレベーターのようなものを降りると、仙人のような じいさまのような 存在がおられることもあります。

 

23の解釈に関しては、インターネットには、まあ〜〜〜っ! いろいろ書いてありますね。 すごい。

 

シリウスにつなげているものも多い。

 

木星と水星のエネルギーが5のエネルギーと連動して、成功、コミュニケーション、変化、平和調停能力ともされる。

 

冥王星をいれないほうがいいとも書いてある。

 

木星と水星と変化のパワーに、冥王星のパワーが加わると、それは巨大なパワーになって、制御不可能になるからでしょうか?

 

ただ、冥王星をいれないようにといわれても、わたしのように、冥王星が、ホロスコープのなかで重大なポジションにあるひともいます。

 

冥王星ははいってしまっているのです。

 

まあ、覚悟、ですね?

 

自分のなかには、木星、水星、変化力、冥王星のパワー、なんか 迫力満載なものがあるのだ。 きっと。

 

自分のパワーは抑えきれるものではないので、上手に出すことを、学ぶ。

 

それもあって現世 生きている。

 

冥王星のパワーあいまって、とことんなんでもやって、今年は、天井も屋根も直して、いまはついに、全身が痛いという 自業自得状態です。

 

とことんやる性格で、無理をしない ことが不得手。 それで からだが痛くなって、無理ができなくなる。 そのカルマ(サイクル)を脱却すべく、精進中。 からだが壊れるまで無理しない。

 

いのししの干支のエネルギーも関係していると想います。 木星が射手座にある年に生まれました。 とことんやります。 いのししのように激しく直進あるのみの性格。 それも年とともに、穏やかにしていきたいです。

 

からだが痛いという痛いめをして、わたしは、なにごとも ほどほどに! ということを、学んでいるのに違いない。

 

田舎でひとりで暮らしていれば、天井も屋根も壊れれば直さないといけない。 プロはあまり細かいことまでやってくれないから、自分でやるしかないことは、よくあります。

 

天井でねずみが死んでいても、雨漏りがしても、平気な性格ではなく、家が不具合になると、直したくなってしまう性格です。

 

毎日暮らすことで、無理せず、ぼちぼち からだをたいせつに 生きることを学んでいます。

 

生きることがそのものが、セラピーだと想います。

 

シリウスに関しては、今は保留中です。

 

太陽系の太陽は、Binary Systemであるという説があります。

 

太陽ともうひとつ星が、互いの周りを回っている。

太陽系の星は太陽だけではなく、もうひとつある Binary System 説です。

 

それはたいへん腑に落ちます。

 

ですが、太陽のパートナーが シリウスか?というのは、いまのところ保留です。

 

いま調べています。

 

わたしはシリウスではなくて、二ビルではないかと想っています。 3600年周期で、太陽に接近するとされる星です。

 

あるいは ミルキーウエイ銀河の中心の白くひかる部分と、呼応しているのではないかと想っています。 だいたい24000年サイクル。

 

みなそれぞれにパズルのピースを持っています。

 

そのひとが持つパズルのピースは尊重する。 勉強させて頂く。 でも、うのみにしない。

 

自分でチャネルして、調べていく。

 

太陽が Binary System かどうか、いま調べ、チャネルしています。

 

 

 

Namaste Peace Love

 

 

    

 

後藤王重  ごとうきみえ

 

ソウル アカシック・レコード 宇宙におまかせリーディング おまかせセッション

 

スピリチュアル・カウンセリング  ヒーリング

コンシャス・チャネル 瞑想 霊気

西洋 ベーディック  マヤ 占星術

Ordained Minister  MBA  BS-Mathematics

 

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

Email:  harmonion@gmail.com

日本語 Web http://www.harmonion.com/japanese.html

英語 Web http://www.harmonion.com

 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 


 

ホーム アストロロジー   ヒーリング  カウンセリング & カタログ Sister

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English

  

 

Copyright © 2013 Kimie Goto 後藤王重All Rights Reserved.