ホーム アストロロジー   ヒーリング   スピリチュアル・カウンセリング カタログ

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English


 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 

2012年3月のプラシタス通信

 

Bull Sacrifice Ritual

牛を殺す儀式

 

Red 赤

 

Metatron "Mediator"

 

 

 

後藤王重 ごとうきみえ

コンシャス・チャネル スピリチュアル・カウンセラー ヒーラー

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

 

 

 

Braun Mare 茶色の雌馬

 

ひさしぶりにお会いできました。 

 

弱ってはいますが、生きていました。 

 

よかったです。 

 

この馬は2月流産してとても悲しそうでした。

 

パートナーの黒 Stallion 雄馬は一緒でした。 ずっとふたり一緒です。 昨日は2頭でフェンスの中にはいって閉じ込められて出られないようでした。

 

近所のひとが柵の外に出してくれるそうです。 

 

ほっとしました。

 

Instant Horse Woman

 

翌日・・・ やっぱりまだ柵のなかにいる。 出られないようである。 しかたない。 不法侵入ではありますが、柵のなかにはいり、馬たちを誘導して、無事オープンランドのほうに、行って頂くことができました。 馬をガイドするはじめての体験。

 

聞くところによると、プラシタスにハイウエイを建設するプランもあるらしい。 是非おはらい箱になって頂きたい。 プラシタスは自然が豊かで、野生の動物もたくさん住んでいる。 自然と人間のほどよいバランス、共生はたいせつなレッスンと想う。 プラシタスの持つ使命はそのあたりにあると感じる。

 

 

 

 

 

2011年冬至に生まれた子馬は元気です。

 

堂々としています。

 

まだ生まれて2ヶ月ですが、お母さんはそろそろお乳をあげるのをいやがります。 元気なので、もうひとりで食べて生きなさい、ということか?

 

 

 

3月 大法要 大供養

 

ビジョンがありました。

 

3月は2011年東日本大震災から1年となります。 

 

霊の世界 宇宙でも法要が営まれているようです。

 

みなさま、目に見える世界、見えない世界、両方での、法要 供養にご参加ください。

 

法要とは 真理を知ることとあります。

 

たくさんの (宇宙の) 僧の存在のかたたちもご参加になり、大きな伽藍で法要 供養が営まれているようです。

 

これはこの大法要 大供養に参加する存在たち ひとたち 霊たちに、法 真理を知る機会でもあるでしょう。

 

どうぞご参加ください。

おきている世界で、眠りの世界で。

 

 

法要 供養の後、ある高僧存在のかたにお会いしている。 

 

彼が教えてくださる。

 

月曜日まで (あと2日3日長く滞在すると) 牛を殺す儀式がある。 それに参加すると、ダライ・ラマ (高僧)に会えますよ。

 

『牛を殺す儀式』

 

牛を殺すとは、シンボリックに何を意味するのか?

 

宇宙は何を教えてくださろうとしているのか?

 

牛を殺すとおびただしい血が流れる。

 

 

30年前アフリカにいたころ、マーケットで牛が殺されることがあった。 たまのごちそうである。 チキンを殺すのとはわけが違う。 大きな男が2人、3人がかり。 首が落ちる。 大量の血。 牛の叫び声、音、血のにおい・・・ それはたいそうな迫力で、肉を食べるということは、まさに動物を殺すことなんだ・・

 

血は浄化のシンボルともされる。

 

牛は豊穣のシンボル。

 

雄牛 (Bull) は 強さ Strength のシンボル。

 

エジプトでは Apis

 

雌牛 (Cow) は Sustenance through Love  強い愛 支え のシンボル

 

シュメールでは Ninhursag

 

オリエント地方、苗 (ミャオ) 族、新羅、大陸から渡来したひとびと秦氏など・・、牛を殺す儀式 (Bull Sacrifice Ritual) を持っている。

 

牛は古い神の象徴。

 

Age of Taurus は西暦前4000年ごろから西暦前2000年ごろまで オリエント地方に農耕が発生した時期。

 

古い牛神たち (たとえばオリエント地方 Marduk)は、Age of Aries (2000 BC - 0 BC) になると、新しい神たちに殺されていく。 滅ぼされていく。

 

日本ではスサノオは、牛神ともされる。 牛頭天王。

 

牛を殺す儀式がある。

 

血があり、死も起こるのかもしれない。

死の後には再生が起こる。

 

牛を殺す儀式に参加すると、ダライ・ラマに会えますよ。 そう男性の高僧が教えてくださった。 

 

ダライ・ラマとは、Great Teacher の象徴であるでしょう。 

 

牛を殺す儀式は、血と死を含むので、参加はためらわれるのかもしれないが、次には再生が続いていく。 

 

ダライ・ラマを象徴とする、Great Masterにも、お会いできる。 より深いつながりが、宇宙の Great Teachers Great Masters たちともできていくでしょう。

 

いま死とあるひとは、おちついて。 向き合って。 なにかが死ぬことは、なにかを産む準備にあること。

 

牛は、強さ 強い愛を通しての支え

 

Strenth and Sustenance through Love

 

3月は次なるステップに向けて、死と再生が起こっていくかもしれません。

 

そして・・ 自分のなかの牛 強さ 強い愛を通しての支え に目覚め、つながりを深めていくかもしれません。

 

みな自分の中に Bull の強さも Cow 母牛のミルク 滋養も持っている。 自分のなかの 牛 とつながる。

 

牡牛座生まれのひと、牡牛座のエネルギーの強いひとには、特に、あらたな生まれ変わりが起こっていくのでしょう。 みなで応援しておりますね。

 

牛に関して

 

じゅんこさんからメールいただきました。

ありがとうございます。

 

後藤さんへ


エッセイを読みました。

牛を殺す儀式、と聞いて、思い浮かんだのは闘牛。

スペインの各地域のお祭りの時期に合わせて闘牛が開かれます。

3月4月は春のお祭りもあり、各地で闘牛が行われるでしょう。

フラメンコに夢中だった27歳のときにスペインの魂をみたいと、よく闘牛をみました。

 

5年前にマラガで闘牛をみましたが、血生臭いにおいで気持ち悪くなってしまい、それ以来みていません。

ちょうど春まつりや聖週間があるので、また南スペインの友人を訪ねたいと思っていたところでした。

 

 

3月20日は春分の日

 

春の始まり

 

新たなるシーズンの始まり。

 

種をまき、秋の収穫に向けて、また新しいサイクルが始まります。

 

3月中旬から4月はじめまで水星は退行現象となります。 4月、5月は牡牛座。 牛の月です。 5月、6月には食が起こります。 

 

2012年前半の変化の流れに乗りましょう。 死が起こるひとは再生の準備であることを知り、宇宙や自分を信じて、毎日誠心誠意をもって、ベストを尽くしましょう。

 

株価はそろそろピークで、いつ Correction 修正がおこってもよい時期ですので、売るべきポートフォリオを持つひとは、高値のいまのうちに売るとよいと思います。 

 

ナマステ ピース

 

ひかり

 

 

****************************

 

北アメリカ 南アメリカ 大西洋 赤 Red

 

 

 

ビジョン

 

北アメリカの南東部と南アメリカの南の部分が赤い。

 

北アメリカ、南アメリカ沖の大西洋も、赤い。

 

両大陸から何本も血管が伸びていて、血が流れだすように、大西洋が赤い。

 

3月あるいは4月に Red Alert 緊急事態が起こる予知かもしれない。

 

石油、核、イラン、イスラエルをめぐり戦争が起こる可能性がある。

 

この赤のビジョンを宇宙が示してくださったのは・・・

 

Prayer for Peace

 

平和への呼びかけ

 

平和への祈りと瞑想への呼びかけであると、うけとめている。

 

Peace Harmony and Balance

 

祈りを 瞑想を

 

4月22日 地球の日 午前10時ごろから (日本時間22日午後11時) アメリカ東部 ペンシルバニア州で瞑想をします。 この Red Alert 赤のビジョンに関係しているかもしれません。 みなさまどうぞご参加ください。

 

平和 ハーモニー バランス

 

祈りと瞑想を

 

 

*******************************

 

Metatron (Mediator) のようなご存在がでてこられているようです。 

 

プラシタス上空に軍のブラック・ヘリコプターがよく飛びます。 2001年 911 ワールドテロの後、イラク、アフガニスタン戦争の前も、よく村の上空をブラック・ヘリコプターが飛びました。 

 

戦争のまえぶれ? 戦争が回避できるようにみなで瞑想、祈りたいと想います。

 

イスラエルのネタニアフ首相とアメリカのオバマ大統領が会談するようです。 イスラエル イラン戦争の回避にむけての話し合いと想います。

 

Metatronのようなご存在は、たくさんの名前を持ちます。 ミトラ、ミスラ、ミロク、シェキナ ・・・ できればローマ、バチカンあたりに行き、直接お会いして、お話しをさせて頂きたいと想っています。 できれば今年の秋か来年の春イタリアに行きたいと想います。

 

ローマはうんと都会で、騒音が苦手なわたしは耐えられるでしょうか? どこか静かなホテルをご存知のかたがおられましたら、お教えください。 

 

ローマ、バチカンのほか、イタリアの聖地でお勧めの場所をご存知のかたは、お教えください。

 

MetatronはMediatorとされます。 『とりもつもの』 世界の平和をとりもつ役割もされている宇宙のご存在とおみうけしております。

 

いまはこの場所から ニューメキシコのプラシタスの村から、Metatron (Beyong Existence) のような宇宙のご存在 Meditator とワークをさせていただけるように、願っています。

 

みなさまも、Metatron 存在とコネクトされると想います。 ともにワークをしていきましょう。 世界の平和 バランス に向けて。

 

道がこれだけあって、まだプラシタスにハイウエイを作ろうとする。 開発することによる利益をこうむるひと、組織は多いということでしょう。 バランスをたいせつにして頂きたいと願う。 

 

この村にはたくさんの野生の動物がいる。 コヨーテ、きつね、鹿、熊、馬、うさぎ、ボブ・キャット、マウンテン・ライオン、プレイリー・ドッグ、ジャック・ラビット、さそり、がらがら蛇、カメレオン・・・ 野生の動物たちも暮らせるコミュニティーであり続けてほしい。

 

もし村にハイウエイができる場合、可能性として、100頭ほどいるとされる野生の馬は殺されるかもしれないとのことです。 殺されて輸出されて、どこかの国のひとが食べる。 アメリカでは馬の肉を食べることは許されていないらしいので。 

 

この村が開発と自然のバランスをとって、すすむことを祈ります。 この村で起こることは、もちろん世界のほかのコミュニティーにつながる。

 

ひと 地球により必要なのは、バランス と想う。 バランス感覚。 自然 地球と調和する生活。 

 

*******************************

 

1970年大阪万博のころ、2000年 21世紀には、わたしは億万長者になっていると想っていた。 10歳になっていたか、なっていなかったか・・

 

40年以上前、豊かでありたいとインスピレーションをどこから授かっていた。 インスピレーションを頂いて、40年以上一歩一歩進んできた。 

 

お金的には億万長者ではないけれど、トータルに見れば豊かな生活をさせて頂いている。 感謝。

 

1968年にロバートケネディ上院議員が暗殺された。 その映像をテレビで見ていた。 それがわたしの人生の基点であるように想う。

 

日本人として生まれたが、ロバートケネディというひと、たましいからおおくを授かった。 そしてここまで来た。

 

いまはアメリカのニューメキシコに住んでいる。 アメリカに、日本に、世界に、ひとに、馬に、自然、地球に、この宇宙やひかりととても近い場所、ひとつの場所でワークをさせて頂いている。 深く感謝。

 

2012年から20年土星の時がパーソナルに始まる。 Destinyをたいせつにしたい。 Destiny 生まれて来た目的を成就していく20年としたい。

 

*******************************

 

 

 

沖縄のテラとメル

撮影 あぐりさん

ありがとうございます。

 

 

 

 

春 3月5日 子馬が産まれました。

白と茶の牛模様。

お父さんは茶?

茶の雄馬は周りに見当たりませんが・・

お父さんは誰?

 

おなかの大きい馬はほかにもいて

これから子が産まれます。

 

みな元気で育ちますように。

 

草が十分にありますように。

 

今年は適度に雨が降りますように。

 

子馬が産まれるとほかの馬も周りをそれとなく囲み、みなで新しい命を護っているようです。 お母さんは用心もしている風ですが、会えれば近くにいくわたしを覚えていてくださるのか、あまり警戒もしないようでした。 子馬はまた超フレンドリーで、近寄ってきて手をなめ、からだに触れさせてくださいました。

 

馬は不思議で、2日前出産前日の母馬に会ったとき、じっとこちらを見ておりました。 出産は母にも子にも命の危険がともなう大きな出来事です。 以前流産した雌馬のパートナーの雄馬も、雌馬が流産する前、いつもは近くに来ないものを、近くに来て、じっと祈るようにこちらを見ていました。 

 

馬の何頭かは手当てをさせてくださいます。 最初はひやっと思うようですが、だんだん平気になってくる。 それでこちらも手をあててじっとしています。 馬とか人間とか関係ないのだなあ。 しみじみ思います。 あるのは宇宙、ですね。

 

 

*******************************

 

 

3月10日に生まれた子馬です。

 

11日に手当てをさせてくださいました。

手当て中の表情です。

 

気持ちよさそう〜

おなかから息をしておられ

深く宇宙から霊気をうけとっておられました。

 

10日に生まれたときは、とても弱くて、生きていかれるかどうか疑問に思いました。 

 

翌日手当てをさせていただいたときは、手当てを通して、宇宙からいのちのようなものをすいこまれている感じで、みるみる力をうけとっておられるかのようでした。

 

子馬が生きることを願います。

 

11日早朝ビジョンがあり、ブルーとイエローのひかりが来られました。 宇宙のメッセンジャーのようなご存在かもしれません。 ブルーとイエローのひかりの存在がひかりの手をあてるにあたり、ひとのわたくしがチャネルとして介在したかもしれません。

 

それでとてもひとには用心深いお母さん馬が、15分くらいも生まれたての子馬に手を当てることを、許してくださったかもしれません。 お母さんにも、子馬が弱いということはわかっておいでで、それで手当てのヘルプをうけいれたかもしれません。

 

母が子を見るまなざし

 

 *****************

 

3月17日

 

いのちの祈り

 

ヒーリング リクエスト

 

ビジョンで茶色のお母さん馬が来られる。

 

最近 家の壁にもひかりがよく映る。

 

茶のお母さん馬はおなかが大きい。

 

子供がおなかにはいっているようだが

なかなか出てこない。

 

お母さんはとても重そうで

最近はすわりこんでいることも多い。

 

手をあてるとおなかのなかで

音がする。

 

子供が出てこられないのか?

 

子供が出ないと、お母さんも死んでしまうのか?

 

ここ2日間ほど続けて茶のお母さん馬が

ビジョンで来られる。

 

ヒーリング・リクエストを宇宙に上げておられるのか?

そのサポートをわたくしたちにも要請されておられるのか?

 

毎日祈り瞑想し

自分の念はいれず

宇宙にあずけ

茶のお母さん馬の願いを

ひかりのみなさんとともに祈る日々です。

 

みなさまもできましたら

茶のお母さんとおなかの子供のために

祈り瞑想ください。

 

茶馬のお母さんと、子供と、宇宙と自然と

かれらのベストがかないますように

 

ひととしての自分の念は忘れたい。

 

自分の人間的な感情とはまた別のところで生きている存在たちの意識をたいせつにしたい。

 

自分の念はいれず、ただ、馬と宇宙の願いがかなうように祈っている。 瞑想している。

 

 

 

 *****************

 

 

 

生後1週間の子馬 

おおきく力強くなりました。

野生の力はすばらしいです。

 

3月19日

 

昨日帰りしな茶のお母さん馬が、近くに来て、じっとこちらを見る。 お母さんはなにかを言っている。 なにかを伝えている。 1歳になる彼女の子供の馬もよってきて、背中をかじっていった。 1歳の息子馬もなにかを伝えている。

 

昨日、今日と嵐で、氷点下6度までさがります。 雪も雨も降ります。 寒いなか、お母さんはついに子供を産むでしょうか? 安産を祈り、宇宙 ひかりのみなさまと意識をあわせ、馬のために祈っています。 かれらのよきようになりますように。 自分が人間中心の意識からはなれて、祈り、瞑想できていますように。

 

*****************

 

テスト

 

テストは人生のそこかしこにおこります。

 

去年の秋、日本の本屋で元クライアントさんの本を見ました。 以前リーディングをさせていただいたかたですが、それからプロフェッショナルのスピリチュアル・カウンセラーとなられ、いまは女性雑誌にエッセイを書き、本も出版されているようです。

 

正直、こころが動揺しました。 動揺するとき、実はこころの奥では、自分も同様なことを求めていることがわかります。 

 

動揺する自分と一緒にいて、しばらくしてまたもとに戻ります。 やっぱりいまのわたしには、プラシタスがいいなあ。 歩けば馬がいる田舎がわたしは好き。 自然が好き。 

 

ときに動揺する。 スイングする自分もたいせつにしたい。 スイングするからまた元のポジション、オリジナル・ポジションに戻ってくる。 自分のオリジナリティがなにか、わかってくる。 自分のオリジン 元に戻ってくる。 自分が自然におちつくところが、自分のオリジナリティ オリジン。 素の素。

 

自分らしさ。 自分にとっての自然をたいせつにしたい。

 

成功をされている彼女のことは、こころから嬉しい。 それぞれに理由がありわたくしたちのところに来られ、ほとんどのかたはそれぞれの理由でコンタクトはなくなります。 コンタクトがなくなっても、わたくしたちは、それぞれのみなさまのことを、こころから想い、応援しています。 毎日瞑想、祈っています。

 

*****************

Namaste Peace 

 

Om Shanti

 

後藤王重  ごとうきみえ

ソウル アカシックレコード・リーディング

スピリチュアル・カウンセリング  ヒーリング

コンシャス・チャネル  瞑想トレーニング 

霊気 手当て 遠隔ヒーリング アニマル・ヒーリング

西洋 ベーディック  マヤ 占星術

Ordained Minister  MBA  BS-Mathematics

 

アメリカ ニューメキシコ州 プラシタス

Email:  harmonion@gmail.com

日本語 Web http://www.harmonion.com/japanese.html

英語 Web http://www.harmonion.com

 

 

講習とエッセイのページ   ホーム

 

 


 

ホーム アストロロジー   ヒーリング  カウンセリング & カタログ Sister

講習 & エッセイ プロフィール コンタクト リソース English

  

 

Copyright © 2012 Kimie Goto 後藤王重All Rights Reserved.